福祉村病院 勤続6年 / 医療ソーシャルワーカー
高橋 慶子

産休・育休取得後も、安心して復帰することができました。

 さわらびグループには多種多様な施設があり、定期的にスタッフが集まって在宅・医療・福祉に関しての事例検討や制度などの情報を共有し、常に顔の見える関係作りを行っているため、スムーズに退院支援や入所支援、在宅支援などその方にとって適切な支援を行うことができるのがさわらびグループの強みです。
 福祉村病院は産育休取得率100%であり、私も過去に産休・育休を取得しました。取得中もスタッフから「心配しないでね」と声をかけてもらい、安心して復帰することができました。今は敷地内にある保育園を利用しています。子供の体調不良や学校行事でお休みをいただくことも多いのですが、職場内に子育て中のスタッフがとても多く、助け合いながら働いています。
福祉村病院は、長期療養を必要とする患者様が多く入院されています。入院生活はその方の大切な人生の一部分であり、そこに関わらせていただいていることを忘れないように常に心がけています。