福祉村指定居宅介護支援事業所 勤続8年 / ケアマネージャー
高島 弥佳

複数の施設がある為、状態や環境に合わせたサービス選択が強み

 さわらびグループに入職当初は特別養護老人ホームに配属にされました。介護士としての経験を積んだ後、訪問介護事業所に勤めました。その際「自宅で最期を迎えたい」「最期は家で見取りたい」と望む利用者様とご家族に出会いました。在宅での介護は大変ですが、ケアマネージャーが介護のアドバイスや社会資源をコーディネートすることで良い介護関係を築き、在宅介護を継続することができます。施設や訪問介護事業所で培った介護の知識を生かし、在宅での生活を望む方の支援をしたいと思い、ケアマネジャーになりました。
 さわらびグループには複数の施設がある為、その方の状態や環境に合わせサービスを選択することができます。サービスを利用される方にとって、一番心配なことは支援が途中で途切れてしまうことです。さわらびグループでは状況が変化した場合でも病院や施設、事業所が連携し、必要なサービスを継続的に受けることができ、それぞれの適切かつ安定したサービスの提供ができる強みを持っています。
 利用者様と向き合うなかで、時には答えが出なかったり、うまく支援が出なかったりする日もありますが、今後も今自分ができる支援を精一杯行っていきたいと思っています。