福祉村病院 勤続12年 / 介護福祉士
大島 弓佳

福利厚生が充実していることも入社した理由の1つです

 もともとおばあちゃんっこで、おじいちゃんやおばあちゃんに関わることのできる高齢者介護をしたいと考えていました。そんな時に先生や知人から「高齢者介護といえばさわらびグループ」と言われたのがきっかけで入職しました。もちろん長く働きたいと考えていたので、福利厚生が充実していることも理由の1つです。

気持ちよく働き続けられる環境が整っています。

 さわらびグループはお母さん世代のスタッフが多いこともあり、子育て中のスタッフに対しての理解がある職場です。子供が突然熱を出したりすると早めに仕事を切り上げさせてくれたり、学校行事がある時にはお休みをいただくことができたりと、周囲のスタッフの協力があって、気持ちよく働き続けられる環境が整っています。
 今私には小学生の子どもがおり、あと何年かすれば子供の手が離れます。その時は私が次の子育て世代のスタッフを支えあげたい、自然とそう思える職場です。

自然とスキルアップしたくなる職場環境があります

 福祉村病院で働くスタッフはそれぞれの個性や特技を活かしながら働いています。細かい作業が得意なスタッフは、患者様に四季を感じていただけるようにフロアの飾りつけをしたり、企画運営が好きなスタッフはレクリエーションに携わったりと様々です。私は介護スタッフとして働くなかでより専門的な知識を吸収したいと思い、福祉村病院に入職してから介護福祉士の資格を取得しました。当時一緒に働いていたスタッフと「どちらが先に介護福祉士の資格を取ることができるか勝負だ!」とお互いに試験問題を出し合ったりしながら資格取得を目指した経緯があります。試験は一発合格し、スキルアップはもちろん、自分の自信にも繋がりました。外部から講師を招いての研修や勉強会が定期的に行われています。資格取得にむけて全面的にバックアップをしてくれるので、自然とスキルや知識が身につきやすい職場環境になっています。